sublimehome

MENU

sublimehome

大津市中央

明るく開放的な2階リビング。街並みに溶け込む、明るくモダンな現代の町家

リビング上部は吹抜け。ロフトや小上がりの和室とつながり、光溢れる大空間

周囲の景観に馴染むように建てられた現代の町家。限られた間口と奥行のある土地の形状でも、明るく伸びやかに暮らせるようプランニングを工夫した。2階にLDKを配置し、吹抜けの勾配天井に。上部からも光を取り入れることで、隣家が迫る立地でも、明るい陽射しに包まれる。東西に抜けるよう窓を設け、風通しも十分。無垢パインの浮造り仕上げの床、淡いナチュラルホワイトの壁など、インテリアも明るく優しい雰囲気に。リビングと一体になった小上がりの和室やロフトなど、大きく開かれた中にも空間に変化を付けている。アイランドキッチンの周囲はぐるりと回遊できて、ダイニングテーブルを並べて使える配置は食事の動線もスムーズ。隠す収納と見せて楽しむスペースのメリハリを付け、毎日の暮らしを心地よく楽しめる住まいに仕上がっている。

住宅都市型(狭小地)
大津市中央1号地_外観01.jpg

リビング上部は吹抜け。ロフトや小上がりの和室とつながり、光溢れる大空間

周囲の景観に馴染むように建てられた現代の町家。限られた間口と奥行のある土地の形状でも、明るく伸びやかに暮らせるようプランニングを工夫した。2階にLDKを配置し、吹抜けの勾配天井に。上部からも光を取り入れることで、隣家が迫る立地でも、明るい陽射しに包まれる。東西に抜けるよう窓を設け、風通しも十分。無垢パインの浮造り仕上げの床、淡いナチュラルホワイトの壁など、インテリアも明るく優しい雰囲気に。リビングと一体になった小上がりの和室やロフトなど、大きく開かれた中にも空間に変化を付けている。アイランドキッチンの周囲はぐるりと回遊できて、ダイニングテーブルを並べて使える配置は食事の動線もスムーズ。隠す収納と見せて楽しむスペースのメリハリを付け、毎日の暮らしを心地よく楽しめる住まいに仕上がっている。

ウッドワン空間デザインアワード2020 ウッドワン賞受賞

古い街並みが残る周囲の景観に馴染む外観に。格子や真壁造りのようなデザインを取り入れながら、明るくナチュラルに仕上げている

古い街並みが残る周囲の景観に馴染む外観に。格子や真壁造りのようなデザインを取り入れながら、明るくナチュラルに仕上げている

リビングから小上がりの和室がつながる、広いくつろぎの場。床はパイン材の浮造り仕上げ。はだしで過ごしても心地よい。時間と共に変化する床色も楽しみ

リビングから小上がりの和室がつながる、広いくつろぎの場。床はパイン材の浮造り仕上げ。はだしで過ごしても心地よい。時間と共に変化する床色も楽しみ

開放的な吹抜け空間。勾配天井の大空間が実現できるのは、2階にLDKを配置したからこそ。縦横に渡る木の構造材が迫力のある風景を生み出している

開放的な吹抜け空間。勾配天井の大空間が実現できるのは、2階にLDKを配置したからこそ。縦横に渡る木の構造材が迫力のある風景を生み出している

バルコニーに面した掃き出し窓や、吹抜け上部からも光が差し込み、日中はいつも明るく過ごせる

バルコニーに面した掃き出し窓や、吹抜け上部からも光が差し込み、日中はいつも明るく過ごせる

ロフトへ続く階段は光を遮らないスケルトンタイプ。1階への階段室の腰壁がリビングとダイニング・キッチンを緩やかに区切っている

ロフトへ続く階段は光を遮らないスケルトンタイプ。1階への階段室の腰壁がリビングとダイニング・キッチンを緩やかに区切っている

ダイニング正面には、隠せる収納+ディスプレイコーナーを設けて。柔らかなグレージュカラーの壁紙でアクセントを付け、季節ごとに飾って楽しめる

ダイニング正面には、隠せる収納+ディスプレイコーナーを設けて。柔らかなグレージュカラーの壁紙でアクセントを付け、季節ごとに飾って楽しめる

暮らしの中でふと目にする景色が美しいと、日々の心地よさが変わってくる

暮らしの中でふと目にする景色が美しいと、日々の心地よさが変わってくる

ペンダントライトの間にダウンライトも仕込み、明るさの調整ができるよう配慮されている。照明によって雰囲気を変えられる

ペンダントライトの間にダウンライトも仕込み、明るさの調整ができるよう配慮されている。照明によって雰囲気を変えられる

キッチンの周囲を回遊できるので、移動がしやすい

キッチンの周囲を回遊できるので、移動がしやすい

配膳や後片付けの際の移動距離が少なくてスムーズ。家族が協力しやすい配置だ。ディスプレイコーナーの隣にも扉付きの収納を設けている

配膳や後片付けの際の移動距離が少なくてスムーズ。家族が協力しやすい配置だ。ディスプレイコーナーの隣にも扉付きの収納を設けている

キッチンで料理をしながらも、ダイニングやリビングにいる家族と会話ができる

キッチンで料理をしながらも、ダイニングやリビングにいる家族と会話ができる

LDK上部のロフト。利用しやすいように固定階段を設けている。キッチンから声が届くので、子どもの遊び場にも最適だ

LDK上部のロフト。利用しやすいように固定階段を設けている。キッチンから声が届くので、子どもの遊び場にも最適だ

リビングとつながる小上がりの和室。ロールスクリーンを追加できるように、天井に掘り込みを付けている。壁に付けた棚は耳付きの一枚板を選び、ナチュラルな印象に

リビングとつながる小上がりの和室。ロールスクリーンを追加できるように、天井に掘り込みを付けている。壁に付けた棚は耳付きの一枚板を選び、ナチュラルな印象に

グレーの壁、白い建具のモダンなコーディネート。吊収納で広々と見せ、地窓を開けると風通しも得られる。バルコニーに面した明るいスペースだ

グレーの壁、白い建具のモダンなコーディネート。吊収納で広々と見せ、地窓を開けると風通しも得られる。バルコニーに面した明るいスペースだ

玄関横の壁は木製のデザインウォール。間接照明を仕込むことで、陰影が出て立体的に。現代の町家にふさわしい風格が生まれた

玄関横の壁は木製のデザインウォール。間接照明を仕込むことで、陰影が出て立体的に。現代の町家にふさわしい風格が生まれた

土間から框にかけてベンチを造作。靴の脱ぎ履きがラクになる

土間から框にかけてベンチを造作。靴の脱ぎ履きがラクになる

木のデザインウォールはウッドワン製。明るい木目を選ぶことで、和の設えも洋風の雑貨も似合う空間に

木のデザインウォールはウッドワン製。明るい木目を選ぶことで、和の設えも洋風の雑貨も似合う空間に

約6.9畳の主寝室は、壁の一面をすべて収納に。天井まで高さのある扉にして圧迫感をなくした。さらに、入口横にはオープン棚とカウンターを設けて、書斎としても使用可能

約6.9畳の主寝室は、壁の一面をすべて収納に。天井まで高さのある扉にして圧迫感をなくした。さらに、入口横にはオープン棚とカウンターを設けて、書斎としても使用可能

玄関から続く、廊下を兼ねた収納スペース。コート類など外出時に使うものをしまうのに便利。壁と同系色の扉を付けてすっきりと見せている

玄関から続く、廊下を兼ねた収納スペース。コート類など外出時に使うものをしまうのに便利。壁と同系色の扉を付けてすっきりと見せている

LDKを最大限広く取るため、トイレは1階だけに。寝室からのアクセスが良い配置。手洗いカウンターを設けている

LDKを最大限広く取るため、トイレは1階だけに。寝室からのアクセスが良い配置。手洗いカウンターを設けている

テラスも洗濯物を干しやすいように広く取った

テラスも洗濯物を干しやすいように広く取った

360度パノラマ

【土地・建物、ワンストップの住まい探し。和の趣を感じられる外観デザインも魅力】

同じグループの不動産会社があり、ワンストップで住まい探しができました。細長い土地ですが、LDKは明るく広々。吹抜けがあるのは嬉しいポイントですね。周囲からの視線を気にすることなく、くつろいで暮らすことができます。駐車スペースもあり、一戸建てならではのゆとりある暮らしをイメージできました。外観や玄関の木の壁など、和のテイストを取り入れながらも、今の暮らしに合うデザインが落ち着きます。無垢材の床も肌触りがいいです。

【無垢パインの床、淡い色の壁。明るく優しい雰囲気にコーディネート】

古い面影を残すエリアなので、外観は主張し過ぎず、周囲の景観に馴染むデザインを心がけました。建築前に現場を訪ねた際に、土地の形状から光の取り入れ方に工夫が必要だと考えたため、インテリアも明るく優しい雰囲気に。無垢パインの浮造り仕上げの床に、淡いナチュラルカラーの壁紙を合わせています。真っ白ではないのがポイントです。玄関の木製のデザインウォールやダイニングのディスプレイスペース、和室の耳付き板の飾り棚など、機能だけではなく、見て楽しむ要素も大切にしています。家が心地いい空間になれば、日々の慌ただしい生活の中でも心にゆとりが生まれます。季節を感じる花や雑貨などお好きなものを飾って、暮らしを楽しんでいただければと思います。

ジャパニーズスタイル2棟並びのもう1棟の紹介動画です