新型コロナウイルスに関する大事な話

新型コロナウイルスに関する 気になるニュース

新型コロナウイルスの猛威と合わせてデマ情報の影響で様々なものが不足しています。
皆さま、こんな状況だからこそ冷静になり、正しい情報を元に適切な行動を取るように心掛けていきましょう。

マスク、エタノール消毒液、トイレットペーパーなどの不足がありますが、地域によってはかなり改善されてきました。
また、代替え方法などもネットで出ています。簡易マスクの作り方や消毒用エタノールの代替え方法などあるので見てみると良いでしょう。

その中で、ちょっと気になるニュースがありました。エタノール消毒液不足についてのニュースで、その代替えで台所や衣料用の塩素系漂白剤に含まれている「次亜塩素酸ナトリウム」を薄めて使うのも有効という内容でした。
ただ、そこで使われている映像が、消毒用エタノールを散布している映像が流れていました。ちょっと、気になったので整理しましょう。

“消毒用エタノールで、自身の手など含め、多くの人が接触する部分の消毒をする。
消毒用エタノールが、入手できないときはの代替え方法もある。”

と言うことです。この時の映像が消毒用エタノールの散布でしたが、実際に伝えたかったのは代替品でも補えますよということです。消毒用エタノールじゃなきゃダメで、「手に入らないどうしよう!?」と勘違いしないようにしましょう。

工務店の皆様へお願い

お客様から室内の消毒の相談などがあったら、是非アドバイスしてあげてください。

皮膚以外で使える消毒用エタノール代替え方法

直接皮膚には使えませんが、テーブルや、ドアノブや、手すりや、スイッチなど、「手が触れる場所」「もの」 の消毒が目的ならば、薄めた[次亜塩素酸ナトリウム]を使うことが出来ます。
そして、[次亜塩素酸ナトリウム]は、薬局に行かなくても手に入れることが出来ます。というか、すでに家庭にあるのではないでしょうか?

[次亜塩素酸ナトリウム]は、ハイターなど、洗濯・キッチン用など「塩素系漂白剤」、お風呂の「カビ取り剤」カビキラーなどといった商品の主成分ですので、代替えで使うことが出来ます。

[次亜塩素酸ナトリウム]を使う注意点は、

“①[消毒用エタノール(アルコール)]のように、絶対に皮膚には使わないで下さい。また、目に入ると失明する危険があります。
②酸性洗剤や、酸(レモン、ビタミンC、お酢など)と一緒に使わないで下さい。有毒ガスが発生する危険性があります。
③漂白効果があるので、衣類につくと色落ちしたり、金属部分(ドアノブなど)に使う場合は、10分後くらいに水吹きをして下さい。(サビ、変色する場合があります)。
これらは、もともと[塩素系漂白剤]の注意書きにも書いている内容です。”

使い方
適切に水に薄めて使う必要があります。商品によって濃度が異なりますが、目安は[1,000ppm]です。
洗濯用の[塩素系漂白剤]のうち、次亜塩素酸ナトリウム濃度が10%という商品の場合、1ℓの水に10ml(10cc)溶かす計算になります。
10ml≒ペットボトルキャップ2杯分

手洗い、うがいの徹底

こまめに石けんを使ったり、爪の中までしっかり洗うことを徹底しましょう。公衆トイレなどは新型コロナウイルスのみならず、ノロウイルス等にも汚染されている可能性が高いので、なるべく水栓などに手を触れないようにしましょう。

公共トイレ設置の「エアドライヤー」「ジェットタオル」の類の使用は控えましょう。弾いた水滴から感染する場合があります。常に清潔なハンカチやタオルを持参して、手を拭くようにしましょう。

出来る限り、うがいも行いましょう。消毒用エタノールにばかり固執するよりも、基本的な[手洗い、うがい、掃除]の方が大切かも知れません。

まとめ

ネットで検索すると、コロナウイルスについて多くの情報が流れています。中にはデマ情報、フェイクニュースもあります。まず、公共機関からの情報かどうかを確認して冷静に対処していきましょう。