販売終了

細やかな家族仕様の住まい

守山市古高町

リビングからキッチンや洗面、トイレまで広々。家族でくつろげる居場所が完成

幼い頃から住まいに興味のあったIさん。結婚してからは住宅展示場や工務店を熱心に回っていたそう。サブライムホームのグループ会社の分譲地が気に入り、モデルハウスを見学。建築家との家づくりをスタートされた。梁を見せた高い天井のリビングやTVの見えるキッチン、帰ってすぐに手を洗える配置などの希望を伝えて間取りが完成。「LDKは高さもありゆったりとして、ソファに座ってくつろぐ時間ができました。お風呂やトイレ、洗面も広くて、建ててよかったと日々実感しています」。建築家の提案で、階段下を利用してデスクを造作し、階段にはリビングを覗ける小窓を設け、お洒落な空間になった。内装は同社のコーディネーターと相談。「床の色は埃が目立たず、落ち着きのあるちょうどいい明るさです。壁紙は1ヶ月くらいかけて好きなものを選び、ポイント使いしてもらいました」。小上がりの和室は高さにこだわり、造作のキッチンカウンターの奥行やニッチの場所などは施工現場で相談しながら調整。細かいところまで家族にぴったりの住まいになった。

外観

サブライムとの出会いは、弊社の分譲地を気に入っていただき、土地を購入。黒にしたいと希望された外観。「黒っぽい木目のような雰囲気が気に入りました」。破風や軒天、裏手のバルコニー周りは茶色、玄関周りは白の素材に。細かくコーディネートすることで立体感のあるデザインに仕上げている。車は来客用も含めて3台停められる広さがあり、洗車もしやすい。

LDK

高天井で梁を見せた開放的なリビング。「ここからキッチンの方を見たときの眺めが好きです」とIさん。キッチンとの目隠しは緑の壁紙をポイント使いして小物を飾れる棚に。キッチンカウンターの奥行は30cmの予定を施工現場で実物を見て26cmに変更。「不要なものを置いてしまわないように、サイズにこだわりました」

リビング

階段下は造作のデスクコーナーに。「今はPCを置いていますが、将来的に子どもの宿題スペースにできたらいいなと」。階段の途中にあけた小窓は建築家の提案。「遊びに来た子ども達は必ず顔を出してくれます(笑)」

和室

絶妙な高さにこだわった和室。「フラットな和室と、下が収納になった高めの段差の和室。両方見て間を取りました」という。特別感のある小上がりにした上で、高さは約20cm。「このくらいなら子どもが落ちても大丈夫だし、年を取ってからも安心です」。広がりを出す吊収納を採用した。

キッチン

キッチンから洗面まで一直線でスムーズな家事動線。キッチンも広くて動きやすくなった。「お風呂を出てキッチンを通ってくる時に、広さを実感しますね」

玄関

玄関には土間収納とクローゼットを設けた。靴はもちろん、ベビーカーやチャイルドシート、不要なダンボールなどもまとめて置いておける。ブーツの脱ぎ履きや子どもが座りやすいベンチも作った。

洗面

Iさんの好きな緑のタイルを貼った洗面は、二人で並べる広さに。コーディネーターが提案したニッチは剃刀などの小物を置けて実用的。背面の収納棚にはタオルや下着を収納している。玄関とキッチンの両方とつながる配置が使いやすい。「外から帰ってきたらすぐに手を洗えます」

トイレ

トイレは広めに設計。スペースに余裕があるため掃除もしやすいとか。「建築家の先生に相談して、玄関から直接見えない配置にしてもらいました」。明るいピンクの壁紙で優しい雰囲気に。

家づくりの要望・こだわり

梁を見せた開放的なリビングや、キチンからTVが見える配置、高すぎない段差の和室など、最初にたくさんの要望を伝えました。建築家の先生にうまく反映してもらい、階段下や小窓の提案も気に入りました。

住み心地

キッチンや洗面台は2人並んでも余裕の広さ。家事や掃除がしやすくて、友人からも「私らしい家」と好評です。夫が夜勤で生活時間がずれてもお互いに気兼ねせず、くつろげる居場所ができてうれしいです。

DATA

【延床面積】107.23㎡(32.4坪)
【敷地面積】152.35㎡(46.0坪)
【工法・構造】木造軸組み
【竣工年数】2017年8月
【所在地】守山市古高町