販売終了

【リノベ】広がりを感じる間仕切り空間

滋賀県守山市

サブライムホームだから叶う建築家コラボルーム

「サブライム×建築家」今回の設計はMBS系列「住人十色」に出演の設計士 アルツデザインオフィス代表 水本純央 一級建築士。スタイリッシュな空間の中にナチュラルな柔らかさをプラスしたお洒落なデザイナーズルームの完成です。

Before

リノベ前リノベ前リノベ前リノベ前

現代の生活では使い勝手の悪い和室の押入れ。暗さを感じる空間でした。

After

DK

友人を呼んでホームパーティーを開きたくなるようなダイニング。

LDK

玄関から続く奥行きのあるLDKで広々空間を実現。

キッチン

玄関横の土間から続くキッチンは造作棚で収納力もバツグン!

キッチン

壁付きの作業空間だったキッチンもアイランド風の独立キッチンで気分はレストランのマスターに。

ダイニング

キッチンからダイニングを一続きに配置することによって空間の有効活用とキッチンからの料理の配膳の効率化を実現。空間の少ないマンション空間の理想形。

リビング

造作の棚と一体化したTVボード。壁付けの照明もこだわりの逸品。窓からの明るさもバツグンの気持ちのいいリビング空間

造作家具

LDK一面の造作収納棚は空間の間仕切りの役割も。見せる収納でお洒落に飾って。

寝室寝室寝室

寝室は収納をカーテンで隠してプライベート空間感をアップ。

個室

北側の居室も光を反射する清潔感のあるホワイトで統一し明るさを演出。

洗面

洗面は清潔感のあるホワイトで統一。可動棚を充実させ、住んでからの使い勝手を重視。

お風呂トイレ

日々の疲れを癒すお風呂は広々。/トイレはあこがれのタンクレス。少しでも空間を広く。

玄関土間

玄関から続く土間空間はたっぷり3畳分。自転車やベビーカーの収納から、タイヤの収納。奥はキッチンへ続いているのでストックヤードとしてもGOOD。

設計士 水本純央氏のコメント

限られた空間の中で、必要部屋数を確保しようとすると、リビング空間は満足な広さがなかなか設けることが出来ず狭くなってしまいます。

そこで今回は各部屋を仕切る間仕切りかたに着目しました。一般的な間仕切り壁は、空間を分ける為に設けます。完全に空間を分けてしまうと、部屋は狭くなってしまうため、間仕切りをスリットの要領で一定方向に連続して配置させます。そうする事で、壁という圧迫感を軽減させ、かつ、スリット上に間仕切り壁を配置させることで、スリットの間仕切りで仕切られた部屋と部屋がこの壁を介し、お互いの空間を共有することができ、空間を広く感じることができます。またスリット状になっているの、見る角度によって目隠しの効果を生み、壁と壁の間に棚をつけることで収納の役割を果たし、物を片付けることで部屋と部屋の視線を遮ることが出来ます。

壁という概念を少し違う角度から見直す事で、空間と空間を緩やかに繋ぐことを可能にし、広がりのある空間となるようにしました。

DATA

【面積】70.76㎡(21.40坪)
【建物種類】中古マンション
【工法・構造】鉄骨鉄筋コンクリート造
【リノベーション年月】2016年3月
【所在地】滋賀県守山市

間取り

Re;nosion798 -リノション798-

リノション798

1㎡あたり7.98万円の定額リノベーションがスタートしました! ※クリックで拡大

リノション798リノション798

SUBLIME DESIGN RENOVATION

住まいのリフォーム専門店「サブライムデザインリノベーション」ではリフォーム&リノベーション相談会も随時開催中。無料相談なので今のお住まいの不満やご希望をお聞かせください。

リノベーション相談会